ペニスを効率良く大きくする方法4選!

男として、やはり1ミリでも大きなペニスがほしいもの。
今、大きくする方法について、調べているかもしれませんね。

その他には、「どの方法がいいのかわからない」そういった選ぶことに迷っている方も、たくさんいます。

迷い続ける時間が長いと、ペニスを大きくする方法を実践できず、いつまでも大きくできません。
また、効率の悪い方法もあり、中には効果がないものまで。

そこで、この記事では、ペニスを効率よく大きくする方法を紹介します。

「そもそもペニスはどうやって大きくなるのか?」

いつも見慣れたペニスなのに、意外と仕組みは知らないもの。
そこで、ペニスを大きくする方法を説明する前に、ペニスが大きくなる仕組みを簡単に紹介します。

以下の仕組みを知ったうえで、大きくする方法を実践すれば、効率よくペニスを大きくできますよ。

・血液と血流が重要
・男性ホルモンで性機能や筋力がアップ
・PC筋で勃起維持がアップ

血液が海綿体に送られてペニスは大きくなる

普段のペニスは、空気の抜けた風船のようなもの。

その風船を膨らまして大きくする空気の役割が、血液と血流なんですね。
血液がペニス内の海綿体に入り込むことで、どんどん膨らみます。
あわせて強い血流によって、さらに膨らんでいきます。

つまり、ペニスを大きくするには、新鮮な血液とあわせて、血行をよくすることが重要なんですね。

男性ホルモンで性機能や筋力がアップ

男性ホルモンは、性欲アップや性機能維持だけでなく、筋力アップにも大きく貢献します。
ペニスも筋肉でできているため、男性ホルモンは必要不可欠。
逆に男性ホルモンが慢性的に少ないと、ペニスも小さい傾向に。

つまり、男性ホルモンをたくさん分泌すれば、ペニスが大きくなる可能性が高いというわけですね。
男性ホルモンは、筋トレや運動などをすることで、分泌が促進されます。

PC筋で勃起維持がアップ

PC筋とは、骨盤内にある筋肉の総称のこと。
いわゆるペニスの根本を支えるのに重要な筋肉です。
いくらペニスが大きくなっても、支えられなかったら意味がないですよね。

そこでPC筋を鍛えることで、勃起維持や射精のコントロールもできるように。
早漏気味や中折れを感じていたら、PC筋を鍛えることが重要です。

ペニスは小さいより大きい方が良い理由

ペニスは基本的に、小さいよりも大きいほうがメリットはたくさん。

「そうかもしれないけど、ペニスを大きくする必要ないのでは?」

もちろん、そのような考えももちろんアリ。
しかし、ペニスが小さいままだと、以下のようなデメリットがあります。

・セックスのときに女性が満足しない
・早漏ですぐにイッてしまう
・男としての自信や魅力がゼロ

これを知ったうえで、ペニスを大きくする方法を実践するか、どうかを検討してくださいね。

セックスのときに女性が満足しない

女性としては、大きなペニスで突いてほしいもの。
そうすれば、性感帯を同時にたくさん刺激され、感じやすくなります。

一方、小さいと性感帯を刺激できず、感じやすさも半減。
女性は男性と比べて、感じるのに時間がかかるもの。
当然、セックスで満足させられない男性は、恋愛の対象からも外れてしまいます。

早漏ですぐにイッてしまう

体型がガリガリの男性とマッチョな男性だったら、どちらがしっかりしているでしょうか?
当然、マッチョな男性ですよね。

ペニスが細いと、セックスの刺激に負けてしまい、すぐにイッてしまうことに。
女性から見たら、もう終わったの?としらけさせてしまいますよ。

その一方で、マッチョな大きなペニスを手に入れたら、刺激に強くなります。
PC筋も鍛えて、射精もコントロールできれば、長時間のセックスも可能になりますよ。

男としての自信や魅力がゼロ

ペニスが元々大きい人は、筋肉質の人が多い傾向に。
その理由としては、男性ホルモンが大きく作用しています。

男性ホルモンは、性欲アップ以外にも、筋肉の維持や行動力のアップにも貢献しています。
男性ホルモンが少なくペニスも小さい、性欲もない、たくましさや行動力もなかったら、男としての自信や魅力は一切ないですよね。

そこで、ペニスを大きくして男性ホルモンが出るようになれば、自信や行動力もアップ。
仕事はもちろん恋愛にも積極的になり、自慢のペニスで攻めて満足させられれば、さらなる自信にも繋がりますよ。

それだけペニスが小さいことは、セックスだけでなく、日常生活においてもマイナスになる、ということですね。

ペニスを大きくする具体的な方法

ペニスを大きくする方法で重要なことは、効率のいい方法を毎日コツコツ実践すること。
とはいっても、いきなりすべて行うのは大変ですよね。

そこで、以下のペニスを大きくする方法を紹介しますので、まずはできるところから毎日実践しましょう。

増大サプリを飲む

効率よくかつ、ラクにペニスを大きくしたい方は、増大サプリがおすすめです!

なぜなら増大に特化した成分が濃縮されているから。

その濃縮された成分とは以下の2つ。

  • シトルリン
  • アルギニン

シトルリンの成分はスイカ、アルギニンの成分はマカに多く含まれています。
この2つの相乗効果により、ペニスの血流が増加。

また、増大サプリには精力剤に含まれる成分も多く配合され、増大と性欲を同時にアップできますよ。

どんなに効果がある方法でも、手間や時間のかかるものだったら、長続きしませんよね。
おまけに日々忙しい日常生活を送っていると、時間が取れない、疲れなどでできないことも。
それで効果が出るまえに挫折したら、時間とお金をムダにしてしまいますよね。

でも、増大サプリなら心配は不要です。
なぜなら、1日1分程度、サプリを数錠飲むだけの時間を取ればいいから。
これなら、習慣化も簡単で長く続けられ、効率よくペニスを大きくすることができますよね。

包茎を改善する

ペニスが小さい人の特徴として、包茎が多い傾向に。
逆に包茎を解消できれば、亀頭を含めてペニスを大きくすることができますよ。

方法はとても簡単で、ペニスの竿を片手で包んで、根本方向に引っ張るだけです。
普段から皮をむいていないと、痛みを感じることも。
そのときはムリせず、できるところまで行いましょう。

皮を完全にむければ、亀頭が解放されて、亀頭のサイズアップに繋がりますよ。

スクワットをする

スクワットは、下半身を鍛えるのにおすすめの方法です。
とくにペニスの根本にあるPC筋を鍛えることで、勃起維持や血行促進に繋がり、大きさだけでなくしっかりしたペニスをゲットできますよ。

  1. 足を肩幅くらいに開いてまっすぐ立つ
  2. 3〜5秒かけて膝が90度になるくらいまで腰を落とす
  3. 3〜5秒かけて手順【1】の状態に戻す

目標として1日あたり10回を目安に行っていきましょう。
慣れたら、かける時間を長くする、回数を多くしてくださいね。

ミルキングをする

ミルキングとは、ペニスを指で握ることで、ペニス全体に血液を送る方法です。
いわゆるマッサージで血行をよくすることで、ペニスが大きくなります。

  1. 手のひらを上にしてペニスの下に手を持ってくる
  2. 小指でペニスの根本を握り、薬指→人差し指の順番に向かってペニスを指で握る
  3. 親指以外の4本の指で握ったら、小指→人差し指の順番に向かって指を離す

この手順を1日あたり20回行いましょう。

ペニスを大きく方法を紹介しました。

やはり、ペニスを大きくするには正しい方法はもちろん、効率性も重要です。
どんなに効果があっても効率が悪く、時間がかかったら、続けるモチベーションに繋がりません。

ここで紹介した方法は、最も効率がよいものばかり。
まずはできるものから実践してみて、総合的に行えばより効率よくペニスを大きくすることができますよ。

ペニスが小さくて悩んでいるならば、まずは自分に合いそうなものから実践してみてくださいね。